仮性包茎手術に保険は適用されるのか?

今や包茎で悩んでいる男性が多く、夜の営みに自身を持つ事ができない男性が増えています。
特に仮性包茎は日本人男性に最も多いとされているタイプです。

 

そんな仮性包茎に悩んでいる男性の為になる包茎手術について書いていきたいと思います。

 

仮性包茎とは通常は皮を被っていますが勃起したり自分の手で剥いだりする事により亀頭全体が露出する事を言います。

その原因は正確な原因はまだ解明されていないとされていますが、しかし、これまでの研究で遺伝や自慰行為の仕方などに原因があるとされています。

 

では仮性包茎を手術するには保険は適用されるのかというと。答えはノーです。

 

保険が適用されるのは病気として認定されている真性包茎、カントン包茎のみとされています。

ただし、実際には仮性包茎でも保険適用の料金で手術をしてくれるところもあるようなので、確認してみるとよいでしょう。

 

泌尿器科で手術を行うと保険適用にもなりますが、泌尿器科での保険適用手術を行うにはトラブルも多いため安心した手術を行うためにはきちんとした包茎手術を専門としている男性クリニックで行う事が賢明でしょう。

 

クリニックで手術をした場合、内容にもよりますが、仮性包茎の場合は10万円前後が多いようです。

クリニックを訪れてからの流れは無料カウンセリングを受け、それから施術し、その後抜糸などのアフターケアといった形になります。

 

仮性包茎をすると衛生面や外見、強化、早漏防止など、メリットがあり、男性としての自身を取り戻す事ができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ