ゼファルリンとベクノールのどちらを選ぶべきか

seiryoku

精力サプリの代表格として「ゼファルリン」と「ベクノール」があります。

どちらを選ぶか迷った場合は、「勃起力を求めるならゼフォルリン」、「ペニス増大を狙うならベクノール」が良いでしょう。

いずれを選ぶにしても、増大効果や勃起力向上効果はありますが、どちらも国産の審査を潜りぬけた安全性の高い商品になっています。

ゼファルリン(Zephylrin)

zefa

ゼファルリンは勃起力を高める効果が高いです。

ペニスサイズを大きくしたりする成分があり、性交渉の時の持続力を高めてくれたり、勃起の力をを高めたりと総合的な効果が期待できます。

飲んですぐに効果が表れるものではありませんから、何カ月か飲み続けて、途中で辞めないようにしましょう。

手に入れたい時は販売元の通販を活用して商品購入をする事になります。

ベクノール(Bechnoll)

bekunoru

ベクノールにも勃起力を高める効果がありますが、こちらは成長ホルモンの分泌を促す事で体の内側からパワーを出してペニスを育てていく事になります。

体質改善効果も期待出来るもので、成長ホルモンを促す事によって根本的にペニスを育てる力があります。

もちろん飲んですぐにペニスサイズが大きく育つものではなく、3カ月以上の服用を続けるようにして、体全体に成分が行きわたるようにして利用しましょう。

即効性が無いからと飲むのを辞めてしまうと勿体ないです。

どちらを使うかは人によって変わりますが、どちらも日本人に向いたサプリメントになっており安全性も高い商品になっています。

用途に応じて選択する事が望ましいでしょう。

ゼファルリンは血流を正常化して改善

zefaru

勃起不全改善や精力アップに効果があるのが精力サプリメントです。
最近では利用する方も増えているようで、実に多くの種類が販売されています。

そんな中でも特に人気があるのが、ゼファルリンとベクノールです。
その理由は効果の高さもさることながら、共に日本製であるという点が大きいです。

精力サプリメントは欧米産の物も多いのですが、やはり私たち日本人により適した物を使いたいという心理が働きます。
安心感もあるでしょう。
ですから精力サプリメントを選択する場合には、この2つのどちらかを選ぶのがお勧めです。

ではどちらの方が良いのでしょうか?

私はゼファルリンを推したいと思います。
その理由は、まず私自身が服用して効果を実感したという経験によります。

40歳を超えて機能的な低下を感じていた時に、ゼファルリンの存在を知って購入しました。
想像以上の効果がありまして、今や私にとってなくてはならない存在になっています。

そしてもう一点はそのメカニズムの違いです。
ベクノールは男性ホルモンを活発化させるタイプで、ゼファルリンは血流の流れを良くすることによって改善を計るタイプです。

どちらが自然かと言えば、血流を正常化させる方のような気がするのです。
強化するか、不具合を正常化させるかの違いです。

自分の実体験と、その効能のメカニズムを考えて、私は精力サプリメントとしてゼファルリンをお勧めしたいと思います。


ペニスサイズ増大ならベクノール

bekunor

ゼファルリンの方は、L-シトルリンとL-トリプトファンの双方を摂取することにより、相乗効果がもたらされるということが一番のポイントです。
そのほかにも天然の滋養成分が多く含まれており、男としての自信を取り戻させてくれるというのが売りです。

ベクノールの方は、成長ホルモンが生み出されるのを促進してくれるGHリリーザーとスタミナを増やしてくれるオクタコサノールという成分を配合していることが一番の特徴です。
これらを独自の最も効果的な比率で配合しており、効果が大きいというところが長所です。

どちらの精力剤も効果があるかないかは、体質などにより、人によって異なります。
ただペニスサイズを大きくしたい方には、個人的なお勧めは後者のベクノールの方です。
成長ホルモンによってサイズ増大を促します。

そして純国産の安心感があります。
精力剤のサプリメントが、今まで欧米からの輸入や欧米のサプリメントの作り方をまねてつくられたものばかりだったのに対し、ベクノールは、日本人の体を一番に考え、日本人の体質に一番合うようにつくられた純国産のサプリメントです。

輸入品を使っているものなどに比べれば、安心感が断然ありますし、何より、日本人に合うというのが一番大きなポイントではないでしょうか。

何はともあれ、どちらもお試しパックのようなものがあると思うので、悩んで決めかねているなら、両方試してみるのが良いのではないでしょうか。

自分に一番合ったものを使うことが、最も重要なポイントであると言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ